FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2017年 二上山

20170131 二上山登山 (1)

 11時20分  ふたかみパーク當麻を出発。   今回も加守神社から登るルートを目指します。


20170131 二上山登山 (2)

 加守神社の横道へ入るとすぐにゲートがありました。

 5年ほど前に登った時は無かったのに。。。。。。。   


20170131 二上山登山 (3)

 雄岳へ向かうルートですが、ひたすらこんな感じです。

 見晴らしがよくないので、ひたすら登るだけ。  

登りだして15分、暑くなったのでアウターを脱いで、アンダーウエアーに着替えました。  

 登山って結構体が温まります。   

 なんとこの寒空にインナーとアンダーウエアーで十分です。


20170131 二上山登山 (4)

 黙々とひたすらマイペース。

 気が付けば、大津皇子のお墓に出ました。


20170131 二上山登山 (5)

 そして雄岳山頂に建つ、葛木二上神社。


20170131 二上山登山 (6)

 雄岳は早々に通り過ごして、馬ノ瀬へ下ります。

 写真は、雄岳と雌岳、そして祐泉寺へ下る分岐点です。


20170131 二上山登山 (7)

 雌岳には大きな日時計が。。。。。


20170131 二上山登山 (8)

 ここからの眺望がすばらしいんです。

 大和盆地が一望。  正面に耳成山、奥に三輪山が見えます。


 大阪側は、梅田の高層街やPLの塔も。。。。


20170131 二上山登山 (9)

 前回は馬ノ背から祐泉寺へと降りたので、今回は時間もあるので雄岳中腹から真っ直ぐふたかみパークに

降りるルートにしました。


20170131 二上山登山 (10)

 登りとは違い、道が狭い。    こちらは降りられる方も少ない感じです。

 よくよく周りを見ていないと、ルートから外れてしまいそうな道。

 しばらく歩くと、なな・・・なんと。   ロープを持って下らないと降りれそうな道が続きます。


 さすがにカメラはリュックに入れて、両手を使うためにポールもリュックに括り付けました。

 おぉ~ ロッククライミングや~とひとり登山家の気分で下ります。

 傾斜はきつく、ロープや木を持っていないと、自立できないほどの斜度です。


20170131 二上山登山 (11)

 なんやかんや、全身運動をしながら、出た道は「ひといき坂」の分岐点。

 ちょうどご夫婦の方々と遭遇。

 ご夫婦はまさかこんなところから人が出てくるとも思わず、尻もちを付くほど驚かせたようです。

 まぁ、私の服装は真黒で、体形もどちらかというと熊似ですし。。。。。


20170131 二上山登山 (12)

 間違いやすそうなところには、○×が書かれていることが多く、とても助かりました。

 それでも×に進む方は多いみたいで、しっかり道らしきものはできていましたが。。。。。

 この辺りになると、ロッククライミングや~とはしゃいでいた時に無理したのでしょうか、右足の指の付け根が

痛み出します。

 前回金剛山からの下り道も同じ症状が。

 どうやら、私の右足は複雑骨折で外側に向いておりそれが原因のような気がします。

 内股気味に意識して歩くと治るのです。

 なにかよい対策を考えないと、いつまでたっても治りませんね。


20170131 二上山登山 (13)

 途中「古墳」って書いてあるので寄り道してみましたが、どれが古墳なのか、もしかしたら鳥谷口古墳に出て

しまうのかわからなかったので引き返すことに。

 そこで、葉っぱに日差しが当たっていたのが印象的で、1枚。


20170131 二上山登山 (14)

 二上山が見えるところで1枚。


20170131 二上山登山 (15)

 15時30分、ようやく展望台に到着です。

 駐車場を出発して約4時間。   下り始めて2時間。   結構の時間です。

 このあとは、御所のかもきみの湯でからだを癒して、自宅でビール満喫させていただきました。



 



 ■撮影日  2017年1月31日(火)
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

あかね

Author:あかね
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
月 (0)
滝 (3)
蛍 (0)
梅 (3)
桜 (7)
寺 (1)
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。