FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2016年 川合八幡神社 ヒキアイモチ行事

ヒキアイモチ行事 (1)

 「水沼」・「上奉膳」・「下奉膳」の三大字ススキ提灯が八幡神社南の三叉路に集結し、唄?を読み上げます。

 その後、順番に八幡神社に向かいます。

 八幡神社の鳥居前で、「川合」と合流し、4基のススキ提灯が揃い、順番に宮入りしていきます。


ヒキアイモチ行事 (4)

 各大字のススキ提灯が所定の位置に立てかけると、神事がはじまります。


ヒキアイモチ行事 (5)


ヒキアイモチ行事 (2)

 神事が終わると、この祭りの見所のひとつ。 相撲神事です。

 私達が普段見る相撲では無く、行司のはっけよーいのあと、本殿に向かってバンザイをします。

 この所作は3回行われ、必ず1勝1敗1引き分けと決まっているそうです。

 大人達もなんだか楽しそう。


ヒキアイモチ行事 (3)


ヒキアイモチ行事 (6)

 神事相撲の後は、名前の由来となる「ヒキアイモチ行事」が行われました。

 本殿に奉納していた藁袋?を本殿から落とします。

 この藁袋は「ゴクツ」とよばれ、「ゴクツ」の中にはお餅を80個入っているそうです。

 落とされた「ゴクツ」を再び担ぎ上げ、男が本殿へと駆け上がります。

 この所作を3回繰り返した後、子供たちがゴクツを引きずり境内を3周します。


ヒキアイモチ行事 (7)



ヒキアイモチ行事 (8)

 奥に見える「ゴクツ」は今まで使用した物が吊るされていました。

 なんと中には明治29年のものが。。。。。。


ヒキアイモチ行事 (9)

 「ゴクツ」は開けられ、中の餅が振舞われます。

 この餅を頂くと子宝に恵まれるという事で、昔は男たちが必死になって取り合ったそうです。

 今は危ないという事で、皆に振舞われるようになったそうです。

 余った餅は、各家に均等に分けられ持ち帰られるとの事でした。


ヒキアイモチ行事 (10)

 最後はお供撒きで終了。

 ここの祭りは、ススキ提灯奉納ではじまり、相撲神事、ヒキアイモチ行事、お供撒きと多くの行事が見られるのが

 いいですね。

 





 撮影日  2016年10月9日(日)
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

あかね

Author:あかね
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
月 (0)
滝 (3)
蛍 (0)
梅 (3)
桜 (7)
寺 (1)
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。