スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2017年 吉野水分神社 御田植祭

<吉野水分神社>

 吉野山上千本にある吉野水分神社は、水の配分を司る天之水分大神を主神とし7柱を祀っています。
 「みくまり」が訛って「みこもり」となり、子授けの神としての信仰も集めているそうです。

 社殿は慶長9年(1604)、この社の霊験によって誕生したとされる豊臣秀頼によって再建されたもので、建物は
桃山時代の美しい特色を今に伝えており、三殿一棟造りの本殿(重要文化財)、拝殿(重要文化財)、幣殿
(重要文化財)、楼門(重要文化財)、回廊(重要文化財)からなっています。

 社宝としては非公開ですが、鎌倉時代作の木造玉依姫命坐像(国宝)があります。

 春にシダレザクラが咲き、御田植祭を彩ってくれると期待したのですが、今年は桜の開花時期が例年よりかなり
遅く、つぼみも無い状況でした。


201704 吉野水分神社 御田植祭 (1)

 最後のごく撒きで巻かれる餅・御幣・稲が供えられていました。


201704 吉野水分神社 御田植祭 (2)

 聞けばよかったと後悔。

 まず初めに、広岡宮司が拝殿にある鏡に参拝し、本殿に献饌。 関係者のお払いを終え、田男が本殿に向い
箱の中から小鼓をはじめ、計3種類のものを取り出してお参りをされ、再び左にづれて同じことを繰り返された。

 その後、田男により田植の所作を行います。 


201704 吉野水分神社 御田植祭 (3)


201704 吉野水分神社 御田植祭 (4)



201704 吉野水分神社 御田植祭 (5)

 最後は田男により、餅・御幣・稲が参拝者に巻かれました。




 ■撮影日  2017年4月3日(月)
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

あかね

Author:あかね
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
月 (0)
滝 (3)
蛍 (0)
梅 (3)
桜 (7)
寺 (1)
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。