2017年 中山八幡神社 ケチエン

20170211 中山八幡神社 ケチエン (1)

 駐車場が見つけれず、ウロウロしたお蔭で、到着した時に御田植祭は終了。

 お供えの写真だけ撮らせて頂いた。


20170211 中山八幡神社 ケチエン (2)

 その後、参篭所に移りケチエン(結縁)が行われた。  ケチエンとは、ケイチン(結縁)のことで、何故かこちらでは

 ケチエンと呼ばれていました。  由来をお聞きしましたが、昔からそう呼ばれているのでわからないとのことです。

 はじめに、ゴボウ・黒豆・ごまめを食し、酒を酌み交わします。

 次いで、当屋の息子(長男)が弓引き(的打ち)を行います。

 その後、半紙の上に、昆布・海苔・みかん2個と、丸干し・切り餅2個が配られました。


20170211 中山八幡神社 ケチエン (3)



20170211 中山八幡神社 ケチエン (4)

 そのあと、シキジがお米をお椀に入れ、大人衆と当屋に配られます。

 その時に皆で、「千石、万石、百万石」と言いながら盛られていきます。


20170211 中山八幡神社 ケチエン (5)

 最後に当屋の息子(長男)が、大根に包丁で三本の筋目を入れて終了です。

 この後は直会が始まり、大人衆たちの自慢の唄が詠まれ、和やかな雰囲気の元酒が酌み交わされました。

 当屋のご家族は、仕出しの準備など行いながら、息子を見守ってたご様子が心に残りました。






 ■撮影日  2017年2月11日(土)
スポンサーサイト

2017年 御杖村

20170212 御杖の山々 (1)

 西日本では大雪が降り、日本海側は何十年ぶりの大雪とか。

 奈良もここ数日、降りそうで降らなそうでの日々がつづきました。

 この写真は、日の出頃国道から撮った写真です。


20170212 御杖の山々 (2)

 三峰山登山の帰り道、わずかの時間ですが雪が舞いました。


20170212 御杖の山々 (3)



20170212 御杖の山々 (4)



20170212 御杖の山々 (5)





 ■撮影日  2017年2月12日(日)

2017年 八釣 蝋梅

20170219 八釣 蝋梅 (1)

 八釣から、甘樫丘を望みます。

 電線が気になりますが、好きな景色です。

 蝋梅はこの奥に咲いています。


20170219 八釣 蝋梅 (2)

 蝋梅の木に蔦が絡まり、切り取った写真になってしまいました。

 蝋梅の甘い香りが、心落ち着かせてくださいます。




 ■撮影日  2017年2月19日(日)

2017年 鏡作神社 御田植祭

20170219 鏡作神社 御田植祭 (1)

 毎年2月の第3日曜日に鏡作神社では御田植祭が行われます。

 写真は拝殿で行われる神事の様子です。


20170219 鏡作神社 御田植祭 (2)

 その後、小学生・婦人会の方たちにお払いが行われました。


20170219 鏡作神社 御田植祭 (3)

 
 「御田植舞」を舞う、小学生たち。


20170219 鏡作神社 御田植祭 (4)

 「豊年舞」を舞う、婦人会の方たち。


20170219 鏡作神社 御田植祭 (5)

 「豊年舞」が終わると、田植の所作が行われました。


20170219 鏡作神社 御田植祭 (6)

 籾を巻くところ。


20170219 鏡作神社 御田植祭 (7)

 田牛の登場です。

 田牛は、なかなかいうことを聞いてくれません。

 田牛が暴れるほどに豊作だと言われてるそうです。


20170219 鏡作神社 御田植祭 (8)

 今年の田牛は、なかなかのごんた牛でした。

 今年は「豊作!」ですね。


20170219 鏡作神社 御田植祭 (9)

 御田植神事の最後は、松苗をきれいに田に並べ終えると、一斉に天に向かって松苗を放り投げます。

 それを合図に、皆が田に入り松苗を奪い合っていました。

 この松苗を玄関に飾っておくと、厄除けになるそうです。


20170219 鏡作神社 御田植祭 (10)

 最後は、ごくまきで終了です。

 取れなかった人にも、一袋づつ配っておられました。

 中身は、チョコ棒・飴玉・チョコレイト・みかんなどが入っていました。

 私も帰り際に一袋頂きました。





 ■2017年2月19日(日) 

2017年 天理 菜の花畑

20170219 竹ノ内 菜の花畑 (1)

 天理市竹ノ内にある菜の花畑が見ごろだと聞き、行ってきました。

 奥に見えるのは二上山。


20170219 竹ノ内 菜の花畑 (2)

 生駒山を後ろに。


20170219 竹ノ内 菜の花畑 (3)

 巻向山を後ろに。


20170219 竹ノ内 菜の花畑 (4)

 今日は春を思わせるような陽気。

 上着を着なくても、暖かい一日でした。

 明日はまた天気が崩れ、冷え込むらしいですが、今年も一歩づつ春がやってききますね。




 ■撮影日  2017年2月19日(日)

2017年 三峰山 不動の滝

20170212 三峰山 不動の滝 (1)

 三峰山登山の帰りは「不動の滝ルートで下山。

 不動の滝ルートは道が狭く、ジグザグに急こう配を下る感じのルートです。

 息を荒く、必死で登られる方を励ましながら、転げ落ちるようなペースで下山です。

 ルート途中で、この「不動の滝」がありました。


20170212 三峰山 不動の滝 (2)



20170212 三峰山 不動の滝 (3)

 この滝は高さ25m 幅10mもある滝です。

 寒い時期には氷結することもあるそうです。


20170212 三峰山 不動の滝 (4)

 上から滝つぼを覗くと。。。。。。


20170212 三峰山 不動の滝 (5)

 滝の横に不動明王が祀られています。

 この不動明王にお願いすると、願いが叶うと言われています。




 ■撮影日  2017年2月12日(日)

2017年 三峰山

20170216 三峰山 (1)

 奈良盆地では最高気温15度との予報。

 ぐずぐずしてたら霧氷は見れないと思いながらも、マイペースな登山です。

 4日前のここからの景色は、吹雪で視界が悪かったのに、今日はこんなにくっきりと。。。。。。


20170216 三峰山 (2)



20170216 三峰山 (3)

 三峰山もみるみる気温があがってくるのがわかります。

 樹氷がどんどん溶けていく。。。。。。


20170216 三峰山 (4)



20170216 三峰山 (5)

 八丁平ではご覧のとおり。   霧氷どころか樹氷も無い。。。。。。。


20170216 三峰山 (6)

 ここも登山道。

 本来は階段なんですが、坂になっていました。

 アイゼン無しでは、登ることも降りることもできないぐらいの急こう配です。

 ここから下は、もう雪が溶けて、じゅくじゅく道。




 ■撮影日  2017年2月16日(木)

2017年 三峰山 雪山登山 八丁平

20170212 三峰山 八丁平 (1)

 三峰山雪山登山の一番の目的地、八丁平。

 そしてこの木!
 

20170212 三峰山 八丁平 (2)



20170212 三峰山 八丁平 (3)

 これってエビの尻尾?


20170212 三峰山 八丁平 (4)

 これを見ると八丁平の風の強さがうかがえますね。

 

20170212 三峰山 八丁平 (5)

 奥はどんなのか見に行きたかったけど、新雪でひざまで雪・雪・雪。

 おまけに強風。

 吹き飛ばされたら、2度と戻って来れそうもないから、ここまでで退散です。




 ■撮影日  2017年2月12日(日)

2017年 三峰山 雪山登山

20170212 三峰山 雪山登山 (1)

 前日雪が降り、午前中お天気がいいとの事でしたので、ひとりで三峰山へ行く事にした。

 榛原を過ぎた辺りから道はアイスバーン。

 途中、オールテレンタイヤのジムニーがスピンをして、危うく巻き込まれそうになる大参事もあったが

 7時過ぎに駐車場に到着。

 この日は、登山者が少ないのか、登尾ルートには足跡がひとつしかなかった。


20170212 三峰山 雪山登山 (2)

 気温はたぶん零下。

 おやつのパンはカスカス。 リュックのサイドポケットに入れているポカリスエットはシャリシャリのフラッペ状態。

 でも、インナーシャツとアウター2枚でちょうどいい。

 汗も出ず、快適♪


20170212 三峰山 雪山登山 (3)

 樹氷も見事です。

 ただ、お天気は曇り空。

 近くの山々は見えません。

 このあと行く八丁平、山頂はすごい風で視界もほとんどなく、寒さも増してきて早々に退散です。
 

20170212 三峰山 雪山登山 (4)

 山頂に近い山小屋では、お昼にする登山客でいっぱい。

 カップラーメンの香りが、もうたまりません。

 私はカスカスになったパンとポットに入れた暖かいコーヒーでお腹の虫を黙らせます。


20170212 三峰山 雪山登山 (5)


 八丁平は、別のブログに。

 山頂は寒いだけで、下界の景色は望めませんでした。

 このあと、転び落ちるように不動滝ルートで下山です。

 



 ■撮影日  2017年2月12日(日)

2017年 なら瑠璃絵 光の夜神楽

20170211 獅子舞奉納 (1)

 光の夜神楽

奈良県宇陀郡御杖村に伝わる桃俣獅子舞保存会の夜神楽をお楽しみいただきます。
【日付】:2017年2月8日(水)~14日(火)
【時間】:19:00~20:00
【場所】:春日大社 祓戸神社前
     (雨天時は着到殿を予定)
【出演者プロフィール】:漢國神社韓園講(豊来家玉之助、桃俣獅子舞保存会、大升獅子神楽団)


20170211 獅子舞奉納 (2)



20170211 獅子舞奉納 (3)



20170211 獅子舞奉納 (4)



20170211 獅子舞奉納 (5)





 ■撮影日  2017年2月11日(土)
プロフィール

あかね

Author:あかね
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
月 (0)
滝 (3)
蛍 (0)
梅 (3)
桜 (7)
寺 (1)
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR