スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2016年 桃尾の滝行

DSC_5272-1.jpg

 今もなお信仰が続く桃尾の地で、滝行が行われていた。

 あまりの気迫に、周りの空気も凍てつくようだ。

 ピンと張りつめた空気に、周りの者もただ見守るだけ。

 経と滝の水音だけが響き渡った。


DSC_5293-1.jpg

 ※ご本人様より、掲載の許可は戴いております。




 ■撮影日  2016年12月18日(日)
スポンサーサイト

2016年 一言主神社 一陽来復祭

1-DSC_0665-1.jpg

 ≪ 式次第 ≫
    一、修祓
    一、大祓詞 奏上
    一、献燈
    一、楔祓い
    一、祝詞奏上
    一、鬼剣舞奉納
    一、玉串拝礼
    一、金幣による御加持
    一、御神酒拝戴・大根食す
    一、松明神事
    一、宮司拝礼

2-DSC_0654_00001.jpg



3-DSC_5426-1.jpg

 鬼剣舞(おにけんばい)は、岩手県北上市周辺に伝わる伝統芸能である。

 今回演じてくださったのは、京都鬼剣舞の皆さんで、演目は『通り・うたあげ・二番庭・カッカタ・八人加護』


4-DSC_0693-1.jpg



5-DSC_0728-1.jpg



6-DSC_0752-1.jpg

   京都鬼剣舞の皆さん。


7-DSC_0757-1.jpg



8-DSC_0784-1.jpg



9-DSC_0786-1.jpg



10-DSC_0790-1.jpg

 神事が終わるころはもうすっかり日が落ちています。

 この後、献燈の明かりが境内を浮かび上がらせてくれるようですが、このあと予定があり見ることができませんでした。





 ■撮影日  2016年12月21日(水)

2016年 宝山寺 大注連縄奉納法要

1-DSC_9698-1.jpg

 - 「六根清浄」の掛け声とともに -

 12月16日「聖天さん」として親しまれ、広く信仰を集める生駒市門前町の宝山寺で、大鳥居の注連縄が、
新年に向けて新しく取り替えられます。

 大注連縄は、11 月初旬に宝山寺青年部によって綯い上げられ、本堂に奉納安置されていたものです。

 法要の後、読経と信者の誦する「六根清浄」の掛け声とともに引き上げられて大鳥居に掲げられます。
 (六根清浄…欲や迷いを断ち切って、心身が清らかになること。「六根」は私欲や煩悩、迷いを引き起こす
目・耳・鼻・舌・身・意の六つの器官のこと。「清浄」は煩悩や私欲から遠ざかり、清らかで汚れがない境地のこと。)

 この大注連縄はもち米の稲藁で編まれた重さ約450kg、長さ7mもあり近くで見ると、その大きさに驚きます。

 大注連縄が吊り上げられると、散華が空を舞い終了です。


2-DSC_5020-1.jpg



3-DSC_9716-1.jpg



4-DSC_5040-1.jpg



5-DSC_9733-1.jpg



6-DSC_5047-1.jpg




 ■撮影日 2016年12月16日(金)
プロフィール

あかね

Author:あかね
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
月 (0)
滝 (3)
蛍 (0)
梅 (3)
桜 (7)
寺 (1)
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。